chick's lb.

点
top
点 picture book new
点 work
点 Bible-personal
点 me
点 contact
点 back
   
   
   
   
   
   
   
   


https://katojunko.com

© Junko KATO All Rights Reserved.

Friday, 11/23/2018

 

絵本 「くりすます」 の特集をしてくださいました。

この特集扉の絵は、絵本では最後のページの奥付のところに小さくひっそりいれてあるのですが、今回大きくど〜ん!です。 デザイナーの方がこの絵を気に入ってご提案くださり、うれしかったです。羊飼いたちが羊をひきつれて喜び期待を胸に、イエスさまに会いに馬小屋へ向かうところです。 実はこの絵は表紙案として描いたものなのです。この絵本を読んだ(読む)みんながそんな気持ちになればいいなと。
クリスマスに、馬小屋に行きたい人もいないと思います。当時もそうだったでしょう・・
でも本当は、今でもクリスマスは馬小屋に行く日なんだろうなと思いました。誰も構わないところ。 誰でも入れて、誰のためでもある日。馬小屋の中から、喜びが生まれることをおぼえる日。
本当のクリスマスをリアルに絵に描くと、ほんとうに地味です。でも見た目地味なのに・・喜びいっぱいなんて、素晴らしいですよね。

百万人の福音 2018年12月号 no.822
いのちのことば社

百万人の福音

月刊 いのちのことば 11月&12月号でもご紹介くださっています♪



Nevertheless,
there will be no more gloom for those who were in distress.


しかし、苦しみのあった所に、やみがなくなる。
先にはゼブルンの地とナフタリの地は、はずかしめを受けたが、後には海沿いの道、ヨルダン川のかなた、異邦人のガリラヤは光栄を受けた。

The people walking in darkness have seen a great light;

やみの中を歩んでいた民は、大きな光を見た。
死の陰の地に住んでいた者たちの上に光が照った。
あなたはその国民をふやし、その喜びをまし加えられた。彼らは刈り入れ時に喜ぶように、分捕り物を分けるときに楽しむように、あなたの御前で喜んだ。

あなたが彼の重荷のくびきと、肩のむち、彼をしいたげる者の杖を、ミデヤンの日になされたように粉々に砕かれたからだ。 戦場ではいたすべてのくつ、血にまみれた着物は、焼かれて、火のえじきとなる。


For to us a child is born, to us a son is given,

ひとりのみどりごが、私たちのために生まれる。
ひとりの男の子が、私たちに与えられる。
主権はその肩にあり、その名は「不思議な助言者、力ある神、永遠の父、平和の君」と呼ばれる。

その主権は増し加わり、その平和は限りなく、ダビデの王座に着いて、その王国を治め、さばきと正義によってこれを堅く立て、これをささえる。

今より、とこしえまで。万軍の主の熱心がこれを成し遂げる。


Isaiah 9:1-7 HOLY BIBLE




くりすます - かみさまの おおきな プレゼント
いのちのことば社

くりすます かみさまの おおきな プレゼント

定価 1,000円 +税
ISBN978-4-264-03902-0


いのちのことば社 WORD of LIFE にインタビューを掲載してくださいました。
http://wlpm.xsrv.jp/media/?p=805


…………

10月17日に、河北総合病院(杉並区)へ絵を展示してまいりました。
昨年末からひき続き、小川美奈子さんと二人で絵を描いています。今回で3回目の展示になりました。

新作2点を、夜間通用口から総合受付までの廊下に展示いたしました。

秋のおくりもの / 森のかぞく (加藤潤子)


小川さんのリトグラフの新作です。
3階渡り廊下に展示いたしました。繊細でやさしい、近くでゆっくり見ていたいです。


ひとやすみ / ただいま (小川美奈子さん)


これまで夜間通用口前の廊下に展示していた絵です。新作と入れ替えて3階渡り廊下に展示。


海のいろ / 牧場のひつじ (加藤潤子)

2・3階デイルームにも、これまで描いた絵があります。あちらこちらに、小川さんと2人あわせて16点ほど飾っていただいてます。


…………

2018年8月28日(火)〜9月2日(日)吉祥寺にある galley re:tail にて、個展をいたしました。

今年の夏もほんとに暑かったです。台風の気配もある中、足を運んでくださったみなさま、お会いできてうれしかったです! いろいろと気にかけてくださったみなさま、本当にありがとうございました。


吉祥寺駅から中道通りをまっすぐ歩いてゆくとギャラリーがあります。そこそこ歩きます。この通りはいろいろあって好きです。マーガレットハウエルcafe・はらドーナツの前の広々とした公園のあたりからが特にいいです。

ギャラリーのちょっと手前に、もうひとつ、小さめの公園があります。これまで印象が薄かったのですが、今回ギャラリーに行く前に、毎朝、ちょっとこの公園でおにぎり一個食べておいたりしてました。建物の影になってるかんじの暗めの小さな公園に、次から次へとちっちゃい子どもがやって来ました。園児の団体や、自転車でわが子を連れて来る親子とか。この公園には、小さな池(じゃぶじゃぶ池)があって、この池が子どもに大人気!公園で一人でしばし佇む、ここでの10分間くらいがよかった。たとえば、旅行先でも、こうした好きな場所の日常に溶け込む時間・瞬間がとても気持ちよいです。




「くりすます-かみさまのおおきなプレゼント」 の原画は、昨年もこの場所で展示をしました。ここでの出合いとたくさんのお祈りと応援があったからこそ。この度、いのちのことば社さんから出版される運びとなりました。絵本の形となって、こうして1年後に、みなさまにお届けできまして、心から感謝です!




来年2019年度「しゅっせきカード」の原画も展示いたしました。
小さなシールの原画は、額装して販売もいたしました。




手作りおかしの差し入れ!





さて、「Waiter and Waitress」習作も展示いたしました。
これから、じっくり、おちついて、絵本作りを進めてまいります。「 こどものせかい 」で読んでもらえますように。久しぶりです。とてもたのしみです。




※ 終了いたしました


加藤潤子 絵本展 Waiter and Waitress

2018年8月28日(火)〜9月2日(日)
11時から19時/最終日17時まで

galley re:tail
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町3-12-9 潤マンション103
http://thetail.jp



…………

LINEスタンプをつくりました! どうぞご利用くださいませ〜♡

すずらん

junko kato 「 すずらん 」
https://line.me/S/sticker/3943290